増額審査には時間が掛かる

アイフルに限ったことではありませんが、増額審査には時間が掛かります。さらに、増額審査に通過するには、約6ヶ月間のアイフルでの利用状況や本業の年収アップなどがないと難しいです。

アイフルでの借り入れが限度額いっぱいで、お急ぎで現金が必要な場合は、別会社ののカードローン、キャッシングを利用されることをオススメします。

アイフルの限度額の増額で必要なことについて

普段はいいのですが、いざというときのために、借入限度を増やしておきたいと思っている人は多いのではないでしょうか。そこで、アイフルの増額の申し込みの方法としては、・会員サービスから ・インターネットから ・店頭・窓口で ・契約ルームから ・会員専用ダイヤル(電話) ・女性専用ダイヤル(電話)などがあります。増枠申し込みを行い、審査に通ることができれば利用限度額を増やせます。

・増額に必要なものは?:増額にも審査がありますから、これをクリアしなければなりません。審査に重要なことは、「利用者の「信用度」であり、申し込み時と同じですね。あとは多めの金額を借りたり返したりを繰り返すと、限度額を上げやすいと思われます。借りたり返したりを繰り返すということは、他社にも借りていることが想定され、限度額を高く設定することで、アイフルからの借り入れを限度額上限近くまで、借りたままにしておきたいからです。

・信用度を上げる方法は:この方法とは、「借りたものはきちんと返す」これが一番です。初めての借り入れから、毎月返済期日にきっちりと返済を続ける。それを続けることが出来れば、「信用度の高い人」として、認識してもらえます。ただ、あまりにも利用期間が短かったり、利用頻度が少ないと信用度は上がりません。「利用期間の長さも増額に必要な条件です」。

おまとめ専用ローンとカードローン

おまとめローン」という名称のローン商品は、実際はおまとめ専用ローンである場合が多いものです。「おまとめ」というのは、複数のローンを一つにまとめることを意味しています。そして「専用ローン」は何が専用なのなというと、それは返済専用なのです。それゆえ、おまとめ専用ローンとは、複数のローンを一まとめにした返済専用のローン商品ということになります。したがって、このローンでは利用しても現金が手元に届くことはありません。金融機関のほうで自動的に全ての借金を完済してくます。そしてその後、おまとめ専用ローンの返済を行うのです。もちろん返済専用ですから、追加の借り入れはできません。

それに対して通常のカードローンは、利用枠がある限りは何度でも追加の借り入れが可能です。この素晴らしい利便性は、おまとめ専用ローンと比べると、改めて思い知らされます。ちなみに、もしも複数の借金を一まとめにしたいけど専用ローンは嫌だと言うなら、利用枠が大きくて金利的にも有利なカードローンを見つけ出せば、それをおまとめローンとして活用することができます。これだと利用枠があれば追加の借り入れもできるので、使い勝手が抜群に優れていると言えます。ただし、そんな理想的なローン商品を見つけ出すのは楽ではなさそうです。

大学生のカードローン

成人した二十歳の大学生(長男)がカードローンで買い物をしています。3社くらいの金融機関などのカードを使っています。最初に未成年の時に申し込んだ時はカード会社から親の承諾を取り付ける為、電話確認があったので承諾しませんでしたが、成人して勝手に作れるようになり歯止めがきかない状態です。カード使用明細も書面では届かずネット上で確認しているようで、私が気がついた時にはもう数社のカードを持っていた状態です。バイトはしているものの、カード会社は支払い能力のない学生に何故ポンポンとカードを発行するのでしょうか。憤りを感じます。学生には発行しないで欲しいと思います。